フォークリフトでの作業時、爪でパレットの上の製品を傷を傷付けてしまった事はありませんか?

| コメント(0) | トラックバック(0)

お客様から、かなりのお問合せをいただいております。

フォークリフトの爪を完全に覆うとすると、サヤフォークにゴムライニングする形になりますが、

現実サヤフォークを送っていただいて、ゴムラインニングしてお返しするのに輸送費がグンとかかってしまいます。

 

上面を普通の磁石のマンジックベルトを使い、裏面は、爪に点溶接していただけるBタイプのマジックベルトを使っていただくのが一番かと思います。

 

マジツクベルトは樹脂パレットの滑り止めとしても使えるものがございます。

magic-belt-2.jpg

 

 

このマジックベルトは、フォークリフトに永久磁石でゴムを装着することにより、移動中の製品への傷を防止します。

 

magic-belt-6.jpg

「フォークリフトのアームカバー:マジックベルト」の特長

  • 特殊対摩ゴム使用のため、ベルトは長持ち。
  • 永久磁石埋め込み一体成形
  • あらゆるフォームリフトに装着可能
  • 白ゴムのため、製品を汚すことがありません。

 

「フォークリフトのアームカバー:マジックベルト」の使用方法

  • マジックベルトをアーム上に取り付けます。
  • 長さについてはアーム立ち上がり部分まで曲げます。
  • アーム水平部分で長い場合は、カッターナイフで切り取って使用して下さい。
  • ※B・MS・BSタイプの長さについては、規格の長さと必要な長さをお申し付け下さい。

「フォークリフトのアームカバー:マジックベルト」のその他バリエーション

その他、いろいろなフォークの形状に合わせてゴムのライニングも可能です。

magic-belt-7.jpg<

 

フレコンバックの作業にもフレドメを使えばロープ切れと滑り止めを解消できます。

 

お問合せはお気軽に ⇒ sale@tairaml.net

tel:072-239-3300

fax:072-239-3301

 



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tairaml.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/18749

コメントする