改善の仕方②

| コメント(0) | トラックバック(0)
現存の労力、機械および材料を最も有効に使うことによって、短時間に、よい品質のものを多量に生産するのに役だつ実際的方法。

第二段階・・・・・・細目ごとに自問する
  1.次の自問をする
    なぜれは必要か? 
       その目的はなにか?
      どこでするのがよいか?
        いつするのがよいか?
       だれが最も適しているか?
       どんな方法がよいか?

  2.同時に次について自問する
    材料、機械、設備、道具、設計、配置、動作、安全、整理整頓

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tairaml.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/18743

コメントする